未来のキーパーは君だ「GK’s textbook」

サッカーとは11人編成の2チームがボールを足や手を使って相手ゴールに入れる球技である。各チームには必ずゴールキーパーと呼ばれる唯一手を使うことのできるプレイヤーがいる。キーパーの主な役割は味方ゴールを死守することでドイツでは花形ポジションとされているそうだ。

しかし、「最後の砦」と言えるキーパーには他のプレイヤーとは全く違う動きが求められる。そのため指導者には専門的な知識・能力が必要だとされている。現在、指導者の数が圧倒的に不足していて、極一部の強豪チームを除き末端のチームには適切な指導が受けられない小中学生が多く存在する。彼らには我流で努力するしか方法はなく上達するのが困難な状態だ。

そこで、「GK`s textbook」代表のTOSAKI AGUNGDACHIASHERさんが努力しても上達できない選手をゼロにすべく方法としてキーパー専門の教科書型WEBサイト「GK`s Textbook」を制作した。

従来の参考書やYouTubeなどに投稿された動画は配信者側からの一方通行だった。そのため選手がプレーをする中で疑問を抱いたときに質問をすることができなかった。しかし、「GK`s textbook有料版」では選手が動画とコメントをサイトに投稿すると専門家や他のユーザーから回答やアドバイスがもらえるシステムになっている。また各レベルのスキルが順を追って学んでいくことができるので確実にスキルアップすることできる。このように従来のものとは差別化を測り、不安や疑問を残さず払拭できるような教科書になっている。

最後に、今後の事業展開について聞いてみたところ「ユーザー数を200人まで伸ばしたい。」と言っていた。また、新事業として「マイナースポーツの教科書型webサイトも作っていきたい。」と話していた。

興味のある方は以下のサイトまで。

http://gkstextbook.sakura.ne.jp/freepage/