日本初!? 顧客のニーズに合わせたレッスンを提供するダンススクール

みなさんは、現在のダンススクール業界における顧客定着率が何%かご存じだろうか。筆者の取材によると、半年で続かなくなりやめてしまう人が全体の80%もいるのだそうだ。なぜそんなのも顧客定着率が低いのだろうか。今回はそんなダンススクール業界の課題でもある顧客定着率に注目し、その理由を探り大人の初心者でも楽しめるダンススクール、「ダンススクールカーネリアン」を立ち上げた中山さんにお話を伺った。

ダンススクールカーネリアン代表の中山さん

 ダンススクールカーネリアンは大人初心者を対象にしたダンススクールである。なぜターゲットが大人初心者なのか。中山さんはこう語った。「ダンスは人間関係を良好にするツールであり、そもそも自分を好きになって生きていること自体をより楽しくできるツールである。ダンス人口を増やせば人生を楽しめる人が増え、世の中もあかるくなり平和になる、そう信じているからだ。また、需要はあるのにも関わらず、ダンスをやったことがない人がダンスを楽しめる環境が圧倒的に不足しているので、それを提供したいと思った。」確かにカーネリアンのホームページを拝見してみると、いくつものクラスがあるのだがこれがまた面白い。一般的にはヒップホップやジャズ、コンテンポラリー など、ジャンル別にクラスが分かれているのが普通だが、カーネリアンにはそういったジャンル別のクラスが見当たらないのである。ではどんなクラスがあるのか。そう、目的別クラスである。さっそく筆者が印象に残ったクラス名をあげよう。例えば、セクシーボディメイククラス、アイドルクラス、バラエティクラス、ヒップアップレゲエクラスなどである。さらにママ向けスタイルアップクラス、なんていうのもある。つまり、どれもダンスを始める人それぞれのニーズに合わせたクラスである。ダンスの知識が全くない人にとって、ジャンル別クラスではどんなダンスをするのか全く想像がつかないため、ゴールがわかりやすいクラス名を提供しているのだそうだ。だが、“大人初心者“を対象としているだけに難しい一面もあるという。それは初心者が1年続けたら初心者ではなくなってしまうという点である。これは少人数であれ、全員のレベルに合わせてレッスンを行うことは不可能であるため、講師たちが頭を悩ませる要因なのだそうだ。だからこそカーネリアンでは講師のレッスンスキルも重視し、ダンススキルがあるかないかの前に講師が人としてエンターテイナーかを大切に、利用者がどれだけ楽しんでレッスンを受けることができるかを考えているそう。このような工夫がなされたダンススクールカーネリアンは今のところ顧客定着率100%。他社との差別化にも成功している。

 中山さんに今後の展開についても教えていただいた。現在ダンススクールカーネリアンのレッスンはレンタルスタジオで行っているため、自社スタジオを渋谷か新宿あたりで探し中だそうだ。さらに、東京の次はアジア圏を狙うという。アジア圏でもダンス文化は盛んだが、階級別(初級、中級、上級の3つ)のクラスが主で初級レベルでも初心者がついていけるレベルではなく、大人初心者が通いにくい現状があるためだ。

  さらに中山さんはこう語る。「ダンスって楽しむものなのです。ただの身1人としてチャレンジしてみたら面白い以外の何者でもない。でもダンススクール業界は利益主義なところが、ダンサーはプライドが、初心者は臆病さが、それぞれがしがらみを持っているからダンスを100%楽しめない現状がある。ダンススクールカーネリアンではそれを取っ払って、技術も名声も何も関係なくダンスを通じて何かにチャレンジするすべての人が楽しめる空間を提供していきたい。」

  今後も“楽しく踊って「なりたい自分」になる 大人初心者のためのダンススクール”をモットーに誰でも踊れる場所を提供し続けるダンススクールカーネリアンに、注目し続けよう。

https://youtu.be/EueLxDYlTeo